キャリア・ガイダンス                      
就職・進学先について    
資料:学科別進学先一覧表(過去6年間)
進路先 24年度 25年度 26年度 27年度 28年度
4年制大学 36 38 62 48 59
短期大学
短期大学校
14 15 9 6 20
専門学校
各種学校
101 106 100 103 100
就職 50 43 29 36 52
  詳細はこちらから
平成28年度進路先一覧
(過去7年間の進路状況)
平成27年度進路先一覧
平成26年度進路先一覧
平成25年度進路先一覧
平成24年度進路先一覧
平成23年度進路先一覧

 地元の高い要望と期待に応え、有為な人材を送り出し地域社会に貢献しています。「商業高校」からの進路というと、「就職」というイメージが強いかもしれません。しかし、ここ数年は進学者が非常に多く、約8割の生徒が大学、短大、専門学校等へ進学しています。これは、高校で学んだ商業の専門的知識や技能を、上級学校でより深く学びたいという生徒が増えてきているからです。また、芝商で取得した検定や、クラブ活動の実績を高く評価してくれる大学、短大が多くなってきていることも理由の一つです。
もちろん、就職についても強く、挨拶が良く、何事にも頑張り抜く芝商生徒は企業から高い評価を得ており、毎年100%近い就職内定率を誇っています。
 つまり、芝商は、
進学者が多くてなおかつ就職も安定している高校なのです。
本校からの進学について〜推薦に強い芝商〜       
本校からの大学等への進学は、普通高校の生徒のようにセンター入試や一般試験での進学は非常に少なく、推薦入試AO入試での進学がほとんどです。

 推薦入試やAO入試では、以下のような点について書類審査が行われます。
  @すべての教科の成績
  A取得した資格・検定
  Bクラブ活動での取り組み、成績 
 
 入試では以下のような試験を行います。
  @面接
  A小論文
  Bプレゼンテーション など

 特に面接、小論文を課す学校が多いです。大学や短大で何を学び、将来何になりたいのかという意欲やビジョンを面接で、自分の意見や考えを主張することができるかを小論文やプレゼンテーションなどで評価します。
 本校の生徒は、資格検定に強く、そしてクラブ活動も一生懸命であるため、各大学・短大等での推薦条件を十分に満たす生徒が多いです。
つまり、入試でアピールできる要素がたくさんあるのです。また、授業やクラブ活動等で身につけたコミュニケーション能力は面接試験においての大きな武器となり、また小論文については全職員で指導にあたるため、合格率も毎年高い数字を誇っています。
 さらに本校卒業生は、進学後も資格の取得やサークル活動に励むため、各大学、短期大学から高い評価を頂いており、多くの大学から
「指定校」推薦の枠をもらっています。